相続税の一括払いが難しいときのために用意されている延納制度

相続税の支払いは、原則では、相続が発生したことを知った日の翌日から10か月以内に金銭で一括で行わなくてはいけないと定められています。
金銭的に余裕がある場合や納税が必要な金額が少なかったりする場合なら、問題なく納税を済ませることができるでしょう。
しかし、中には、なかなか10か月以内に全ての相続税を納めるのは難しい場合もあるのではないでしょうか。
そんなときに利用できるのが、延納という制度です。
名称からも察せられる通り、税金を納め終えるまでの期限を延ばすことができる制度となっています。
具体的には、納付が難しい分の税金を年賦で支払っていくことが認められるのです。
ただし、もちろん、無条件で年賦払いが認められる訳ではありません。
まず、納めるべき税金の金額が10万円を超えていることが条件として指定されています。
次に、金銭で期限内に支払うことが難しい理由がきちんとあることも条件です。
また、納付を遅らせてもらいたい税金の額が100万円より多く、3年より長期間かけて支払いを行いたいと希望する場合には、担保も必要となります。
条件をクリアし、必要なら担保も用意して書類も用意した上で、期限までに延納申請書と担保提供関係書類を税務署に提出し、申請が許可されて初めて、年賦で支払っていくことができるようになるのです。
ちなみに、税金の年賦払いを続けている間は、年利数パーセントの利子を支払う必要があります。
その点も考慮しながら、延納期間として何年を希望するかを決定しましょう。