相続税の計算は複雑?

相続税を計算する場合、まずは基礎控除等を除外しなければいけません。
そうして除外した結果の正味の相続額に対して計算する事になりますが、法律の改正によって相続税の税率や基礎控除額も変わっています。
また1億円以上の税率と控除額の細分化もなされており、素人にとってはどうしても簡単に算出する事が出来ず、良く分からないという人もいます。
また法定相続人の人数によっても基礎控除の額が変わってくる為、その計算になれていない人の場合はどこから手を付ければ良いのか、何が対象になるのかすら分からないという事もある程です。
素人にとって相続税がどれくらいの金額になるのか算出する事はなかなか難しい場合が多く、さらに慣れていないが為にミスが発生してしまう事があります。
税金の納税額の申告ミスは修正申告等をする事が出来ますが、そのタイミングによっては追徴課税が発生してしまう事もある為、無理に自分で納税額が何円になるのか調べる必要はありません。
この場合は税理士に相談すれば、自分の代わりに遺産を調べて税額を算出してもらう事が出来ます。
もちろんプロが行うので複雑な内容となったとしても安心して依頼する事が出来るというメリットがあります。
確かに税理士に依頼する事で費用は発生してしまいますが、自分で間違った税金の額を税務署に申告してしまったが為にペナルティを課せられた時の事を考えると、その費用を払っておいても決して損はありません。